お医者さまは教えてくれない妊活に大切なこと

妊活のために、通っていただいていたお客さまが、体外受精に成功されました。

何度かの残念な結果を乗り越えて、「やっと着床してくれました」 という、報告メールをいただいたときは、とても嬉しかったです。

わたしは、妊活中の女性の足を触って、ときどきびっくりすることがあります。

「冷たすぎる」と。

お医者さまが、足を触って冷えを指摘し、改善を指導することは、ほとんどありません。

けれど、とても大切なことです。

妊活は、かなりの時間を割いて、投薬や注射のために病院に通う方が大半です。

精神的なプレッシャーに、疲弊しきってしまうことも多いです。

そんな状態が、交感神経を優位にし、よけい冷えを招いてしまうのかもしれません。

ですから、妊娠を希望する方は、とにかくよく休んで、体を冷やし過ぎないようにしましょう。

12時前には寝ましょう。

お仕事をしている方は、疲れすぎないことが大切。

キャリアは、後から取り返せる可能性がありますが、妊娠可能な時間は、それよりもっと短いのです。

そして、たくさん歩いて筋肉を動かし、体をあたためてください。

はな整体院の光線治療器も、体を芯からあたためる作用があり、不妊克服にもたくさんの実績があります。

足つぼと全身の整体で、体をほぐしながらあたためるので、お客さまには、「温泉よりもあったまる!!」なんて、言っていただくこともありますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です