冷えのぼせの改善方法

冷えのぼせとは、手足が冷たいのに、上半身、特に胸、顔、頭はとても暑く感じる症状です。

冷え性の重度の状態です。はな整体院のお客さまでも、20人にお一人くらいはいらっしゃいます。

冷えのぼせならば、温めれば良いのでは?と思いますが、なかなか一筋縄でいかないのが、冷えのぼせのやっかいなところ。

お風呂で温まろうにも、のぼせてしまう。

おまけに、火照りを鎮めるために、冷たいものを飲むのが大好きで、ますます冷えてしまう。

本当は冷たい足なのに、寝るときに、足が暑く感じて、布団から足を出してしまって、ますます冷えてしまう。

上記のような症状があるのに、ご自分を冷えとは無縁の暑がりだと思って、薄着をしている方は、ほぼ間違いなく最重症クラスの冷えのぼせでしょう。

わたしは、施術の現場経験から、冷えのぼせの原因は、お腹の冷えだと感じています。

なぜかと言うと、お腹を徹底的に温めると、ダラダラ止まらないお顔の滝汗が、ピタリと止まるからです。

はな整体院では、施術に光線治療器を使います。

これは、カーボン(炭素)に電流を流しスパークさせて、太陽光線とほぼ同じ性質を持つ光と熱を出すものです。

つまり、人工ひなたぼっこですね。

足裏から、徐々に全身に当てて、体をポカポカにしていきます。

冷えのぼせの方は、足裏を温め始めると、上半身にすごい量の滝汗をかきはじめます。

ところが、施術を一通り終え、体が芯から温まる頃には、上半身の汗はピタリと止まります。

施術の最後に、お腹と背中を、もう一度じっくり温めるのですが、このときには、汗はまったくでません。不思議ですよね。

そして、日常生活に戻っても、次第に上半身の滝汗が落ち着いて来ます。

冷えのぼせが改善されてくると、多くの方が、ようやくご自分の冷えを自覚できるようになります。


暑く感じて、タートルネックの服を着れなかった方が、着れるようになったり、冷たいものを飲みたい欲求が落ち着いたり、良い循環が出来てきます。


冷えのぼせの自覚のある方は、お腹を温める工夫をしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です