改善のカギは、たっぷり寝ること。

日本女性の睡眠時間は、世界的にも見ても少ないそうです。

子宮筋腫を自力でなんとか小さくしたいと意気込んでも、体が過労気味では、お話になりません。

妊活中であればなおのこと、しっかり寝てください。

6時間は死守!!

可能であれば、7〜8時間は寝ていただきたいです。

睡眠時間をしっかり確保して、起きている時間をしっかりと有効活用しましょう。

睡眠時間が少ないことからくる、イライラやネガティブ思考は、余計な気晴らしを必要とします。

深夜までゲームやスマホが手放せなかったり、お酒を飲まずにいられなかったり。

大人の気晴らしは、本当にやっかいです。

ブルーライトの刺激やアルコールは、眠りを浅くするからです。

睡眠時間が短い上に、質まで低下させてしまっては、体の疲労はたまる一方。

特に日照時間が少なくなる冬は、睡眠時間が必要です。

熊なんか、一冬寝ちゃうでしょう?

そんな動物もいるくらいですから、人間だって、寒さ厳しい時期は、休息がたくさん必要なのです。

とにかく寝ましょう。たっぷり寝ましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です