気づきにくい子宮筋腫の関連トラブル

子宮筋腫があることによる、代表的なトラブルが、生理のときの出血過多。
貧血になりやすいので、お医者さまから手術を勧められることが多いです。


その他にも、頻尿や、逆に尿や便が出にくい。


お腹だけが、ポッコリでてしまう。


このようなケースは、ご本人も自覚しやすいです。


一方で、こういったトラブルがまったくない方もいらっしゃいます。


子宮筋腫が腰椎側(後ろの方)に出来ていると、おなかポッコリすることもないし、さらに貧血もなかったりすると、
「特に困ることはありません」
となります。


けれど、実は、気づきにくい関連トラブルがあります。


下肢静脈瘤です。


子宮筋腫が大きくなると、下腹部の血液循環が悪くなり、足もむくみやすくなります。


さらにデスクワークなどで、足の筋肉を使うことが少ない方は、下肢静脈瘤になりやすい傾向があります。


すると、さらにむくみやすくなり、ますます冷え体質になります。


ですから、大きめの子宮筋腫がある方は、足のむくみを定期的に解消することを心がけましょう。


はな整体院の施術も、月1くらいの頻度でお越しいただくことをおすすめしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です